サムネイル

シャドウバンやセンシティブ判定を確認できるShadowban Scanner v2をリリースしました

#Android#Chrome#Edge#Firefox#Shadowban Scanner#Twitter(X)#拡張機能
投稿日:

前回のアップデートから3か月近く経ってしまいましたが、Twitter(X)のシャドウバンやセンシティブ判定を外部サイトに移動せずに確認できる拡張機能「Shadowban Scanner」のバージョン2をリリースしました。

また、公式サイトとPVも公開しました。併せてご覧ください。

v2のハイライト

Shadowban Scanner v2では、v1の最後の更新からの約3か月間で、多くの改善や新機能の追加が行われました。

次のリストは、主な変更点の抜粋です。すべての変更点は、リリースページで確認できます。

🎉新機能

🔧変更点

📝その他

v3の予定

現在、Shadowban Scanner v3の開発準備を進めています。

個人で開発しているのでv3のリリースについて確約はできませんが、v2よりも早くリリースできるといいなと思っています。

Shadowban Scanner v3では、結果をツイートするボタンや、法的理由による表示制限の検出機能を追加する予定です。

Shadowban Scannerは、すべての機能を無料で提供しています。開発の励みになるのでTwitterのフォローやShadowban Scannerの拡散をお願いします!

また、何か問題などがあればTwitterのDMかGitHubまでお願いします。

Shadowban Scannerとは?

Shadowban Scannerは、Twitterのいわゆるシャドウバンやセンシティブ判定を、外部サイトに移動せずにその場で確認できる拡張機能です。

Shadowban Scannerは、次のリンクからダウンロードできます。

お使いのWebブラウザーにインストールするだけで、次の機能が利用できるようになります。

Shadowban Scannerのスクリーンショット
Shadowban Scannerのスクリーンショット
Shadowban Scannerのスクリーンショット

すべての処理はユーザーのコンピューター上で行われます。一部の拡張機能でみられるような、外部サーバーと通信したり、ユーザーの認証情報を無断で取得してTwitterの内部APIにアクセスしたりするような処理はありません。あなたのデータとプライバシーを守ります。

Shadowban Scannerは、PC向けの最新バージョンのGoogle Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefoxで利用できます。技術的な理由により、スマートフォンでは利用できません(Android版Firefox Nightlyを除く)。

仕組みなどの詳細は、次のページから確認できます。

Twitterのアイコン LINEのアイコン Threadsのアイコン Misskeyのアイコン Misskeyのアイコン
著者のアイコン画像