Apple製品にChatGPTが統合!Siriとの連携も【WWDC24】

#AI#Apple#iOS#iPhone#Mac#macOS#OpenAI#ニュース
投稿日:
サムネイル

2024年6月10日、Appleは開発者向けイベント「WWDC24」で「Apple Intelligence」を発表しました。ChatGPTを含むさまざまなAIを、SiriをはじめとしたApple製品に統合します。

Apple Intelligenceにより、AIがiOS 18、iPadOS 18、macOS Sequoiaに組み込まれ、言語理解、画像生成、デバイス全体でのアクションを可能にします。

SiriとChatGPTが統合

SiriにChatGPTが統合され、言語理解能力が強化されます。これにより、より自然で状況に即した応答が可能になります。

たとえば、Siriに指示を伝える際に言葉につまづいても、問題なく動作します。また、Siriはそれまでの会話の文脈を維持できるようになります。

Siriの画面デザインも新しくなり、アクティブなときには画面の縁が光り輝きます。

新しいデザインのSiriのスクリーンショット
Siriの画面デザインが新しくなり、アクティブなときには画面の縁が光り輝く

OpenAIのChatGPTとの連携により、メールの送信を予約する方法から、ライトモードからダークモードへの切り替え方法まで、さまざまな質問に答えられるようになります。

画面認識機能が追加され、現在開いている画面に関するさまざまなアクションも、アプリを横断して実行可能です。

「セミに関するあの記事をリーディングリストから開いて」と言ったり、メッセージを表示しながら「この住所を彼の連絡先カードに追加して」といえば、Siriがそれを実行します。

従来のように、質問をすると検索結果を表示するという形式ではなく、Siriが検索結果を分かりやすくまとめて表示してくれるようになります。

Siriがインターネットで検索した情報を要約して表示しているようす
質問すると情報を分かりやすくまとめてくれる

なお、SiriがChatGPTを利用する前には、データがChatGPTに送信されることの許可を求めるメッセージが表示されるようになっています。

ChatGPTを統合するAppleに対して、Googleは独自のAI 「Gemini」をAndroidに組み込んだり、Google検索で検索結果の概要を表示する機能を追加したりしています。

記事のサムネイル
GeminiアプリとGoogleアシスタントが統合!使い方と注意点を解説
Googleの大規模言語モデル(LLM)「Gemini」がGoogleアシスタントへ統合されました。これによって、文脈を踏まえたより高度な応答が可能になり、日常生活や仕事の効率化に大きな貢献をすることが期待されます。この記事では、Geminiが統合されたGoogleアシスタントの効率的な使い方と、その際に留意すべき点をじっくりと解説します。

ChatGPT統合で実現する新機能

Siri以外にも、Apple製品全体にChatGPTが組み込まれます。

たとえば、システム全体に組み込まれた記述ツールにより、さまざまな文章の作成をChatGPTが手伝ってくれます。

さらに、「作成」ではChatGPTの画像生成ツールも利用でき、書いている文章に合わせた画像を生成できます。

MacにChatGPTのロゴと生成された文章を含む小さなウィンドウが表示されている
MacにChatGPTが組み込まれ、文章の生成を補助してくれる
Macで文章を作成しており、AIで生成された画像が表示されている
その場で文章にあった画像を生成できる

iOS 18、iPadOS 18、macOS Sequoiaで、年内に米国の英語ユーザーからChatGPTとの統合を使えるようになる予定です。

アカウントを作成しなくても無料でChatGPTとの統合機能を利用できます。

OpenAIの最新のフラッグシップモデルGPT-4oモデルを利用可能なほか、ChatGPTの有料サービスに加入している場合は、その機能を利用できます。

GPT-4oについては、こちらの記事で紹介しています。

SiriとChatGPTの違い

Siriの仕組みの詳細については不明ですが、一般にはSiriやGoogleアシスタント、AlexaなどのAIアシスタントは、ルールベースと呼ばれる仕組みを使っていると言われています。

ルールベースは、あらかじめ決められたルールにしたがって応答を生成するため、柔軟性に欠けることがあります。

従来のAIアシスタントは自分で情報を検索してまとめるといったことができないので、ユーザーが質問すると定型文とともに検索結果が表示されます。

一方で、ChatGPTは大規模言語モデル(LLM)と呼ばれ、それまでの文脈から次の単語を予測することで文章を生成します。

ChatGPTなどのLLMと、検索拡張生成(RAG)と呼ばれる技術を組み合わせると、検索結果を自動でまとめることが可能です。

つまり、Siriはあらかじめ決められたルールにもとづいて応答を選択するのに対し、ChatGPTはその場で適切な文章を生成します。

プライバシー保護のための仕組み

Apple Intelligenceの多くのモデルはデバイス上で実行され、ユーザーのプライバシーを最大限に保護します。

デバイス上で処理することで、ユーザーのデータが外部に漏れる心配がありません。

また、複雑なリクエストの場合はクラウド上で実行されますが、Private Cloud Computeと呼ばれる仕組みにより、プライバシーを保護します。

ChatGPTについてはOpenAIのサーバーで処理されますが、ユーザーのIPアドレスは隠されます。OpenAIがリクエストを保存することもないとのことです。

まとめ

Appleは、Apple製品にさまざまなAIを統合する「Apple Intelligence」を発表しました。SiriはChatGPTを統合し、より自然な応答が可能になります。

ChatGPTは、iOS 18、iPadOS 18、macOS Sequoiaで利用可能で、デバイス上で処理されるためプライバシーが保護されます。

Apple Intelligenceは、AIを使った新しい機能を提供するだけでなく、プライバシー保護にも配慮しています。

参考

Twitterのアイコン LINEのアイコン Threadsのアイコン Misskeyのアイコン Misskeyのアイコン
著者のアイコン画像

生まれた時から、母国語よりも先にJavaScriptを使っていました。ネットの海のどこにもいなくてどこにでもいます。

Webフロントエンドプログラマーで、テクノロジーに関する話題を追いかけています。動画編集やプログラミングが趣味で、たまにデザインなどもやっています。