PayPayのオフライン決済の特徴とやり方を解説

#Android#HowTo#アプリ
投稿日:

PayPayは、スマートフォンひとつで簡単に決済ができる便利なアプリですが、インターネットに接続できない環境では利用できないと考える方も多いかもしれません。しかし、実はPayPayのオフライン支払い(オフライン決済)モードを利用することで、オフライン環境でも利用できます。

この記事では、PayPayのオフライン決済の方法や注意点、利用できる支払い方法について詳しく解説します。

オンライン決済とオフライン決済の違い

PayPayは、ソフトバンクグループとヤフー株式会社によって設立されたPayPay株式会社が提供するキャッシュレス決済サービスで、日本国内で広く普及しています。おもにQRコードやバーコードを使って決済が行われ、ポイント還元やキャンペーンなどの魅力的なサービスが多数用意されています。

通常のオンライン決済では、スマートフォンがインターネットに接続されていることが前提です。しかし、インターネットに接続できない状況でも、PayPayにはオフライン決済モードが存在します。オフライン決済モードを利用することで、インターネット接続がなくてもお店で決済ができます。

オフライン決済の注意点

オフライン決済モードには、いくつかの注意点があります。

また、オフライン決済モードで利用できる支払い方法には制限があります。利用できる金額と回数にも上限が設定されています。オフライン決済モードでは、次の2つの支払い方法が利用できます。

PayPay残高で支払う際に、PayPayポイントの利用設定を「支払いに使う」にしている場合、ポイントが優先的に使用されます。

オフライン決済モードには決済金額決済回数にそれぞれ上限があります。具体的な上限は次のとおりです。

決済金額の上限内でも、所持している残高を超える場合や利用可能額の設定を超える場合は支払いができません。決済金額の上限や決済回数の上限は過去に変更されたことがあるため、最新の情報を確認しておくことをオススメします。

PayPayのオフライン決済の使い方

インターネット接続ができなかったり、接続が不安定だったりする環境でPayPayアプリの画面を開くと、[インターネットに接続できません]というメッセージが表示されます。この場合、オフライン決済モードが利用できます。

  1. 支払いを続ける]をタップ

  2. 表示された支払い画面で、支払い方法を選択

  3. 表示されたバーコードやQRコードを店員に見せて読み取ってもらう

これで、オフライン決済モードでの支払いが完了します。支払いが完了したかどうかは、店員から発行されるレシートや店員から直接確認できます。

まとめ

PayPayのオフライン決済モードは、インターネット接続がない状況でも安心して支払いを続けるための便利な機能です。オフライン決済を利用したあとは、支払いが完了しているかを店員やレシートで確認し、インターネットが復旧次第、取引履歴やプッシュ通知で確認することを忘れないようにしましょう。

参考

Twitterのアイコン LINEのアイコン Threadsのアイコン Misskeyのアイコン Misskeyのアイコン
著者のアイコン画像