Geminiをロック画面で使えるようにする方法

#AI#Android#Gemini#Google#HowTo#アプリ
投稿日:

Androidでは、同社が開発したAIアシスタント「Gemini」を従来の「Googleアシスタント」の代わりに利用できます。

Geminiでは、ChatGPTのような大規模言語モデル(LLM:Large Language Model)と呼ばれるAIを活用しており、質問に対して自然な応答が可能です。Geminiは、一部のクエリーに対して自動的にGoogleアシスタントに切り替わることで、従来のGoogleアシスタントの上位互換のような役割を果たしています。

しかし、Geminiはそのままではロック画面で利用できない場合があります。従来のGoogleアシスタントでは、ロック画面でも「OK Google」と呼びかけることでアクセスできました。

Geminiでも、設定を変更することで同様にロック画面で利用できるようになります。この記事では、Geminiをロック画面で使えるようにする方法を紹介します。

ちなみに、Geminiから従来のGoogleアシスタントに戻すことも可能です。Googleアシスタントに戻す方法は、こちらの記事で紹介しています。

Geminiをロック画面で使えるようにする方法

Geminiをロック画面で有効化するには、次の手順で設定を変更します。なお、ロック画面でGeminiを利用するには、Voice Matchの設定が必要です。

  1. Geminiアプリを開きます

  2. プロフィールアイコンをタップします

    Geminiアプリのホーム画面のスクリーンショット。画面の右上のプロフィールアイコンが矢印で強調されている
  3. メニューから[設定]を選択します

    Geminiアプリのメニューのスクリーンショット
  4. 設定画面で[ロック画面でのGeminiの使用]をタップします

    Geminiアプリの設定のスクリーンショット
  5. [ロック画面でのGeminiの使用]のトグルスイッチをオンにします

    [ロック画面でのGeminiの使用]の設定画面のスクリーンショット

まとめ

Geminiをロック画面で使えるようにする方法を紹介しました。Geminiは、Googleアシスタントと同様にロック画面で利用できるため、より便利に利用できるようになります。ぜひ、この記事を参考にして、Geminiをロック画面で使えるようにしてみてください。

Twitterのアイコン LINEのアイコン Threadsのアイコン Misskeyのアイコン Misskeyのアイコン
著者のアイコン画像

生まれた時から、母国語よりも先にJavaScriptを使っていました。ネットの海のどこにもいなくてどこにでもいます。

Webフロントエンドプログラマーで、テクノロジーに関する話題を追いかけています。動画編集やプログラミングが趣味で、たまにデザインなどもやっています。