【OS別】Gitをアップデートする方法

#Git#HowTo#Linux#macOS#Windows#オープンソース#プログラミング
投稿日:

Gitは、ソースコードのバージョン管理ツールとして、広く普及しています。新機能の追加やバグ修正に追従するには、定期的にGitをアップデートする必要があります。たとえば、Git for Windowsでは、2〜3か月ごとに新しいバージョンがリリースされており、脆弱性の修正なども含まれているため、定期的なアップデートが重要です。

この記事では、WindowsmacOS、そしてLinux環境でGitをアップデートする方法を詳しく解説します。

Windowsの場合

Windows環境でGitをアップデートするには、次のコマンドを実行します。

Terminal window
git update-git-for-windows

このコマンドを実行することで、最新バージョンのGit for Windowsのインストーラーがダウンロードされます。インストーラーのダウンロードが完了すると、自動的に実行されます。新しいオプションがある場合は、その設定を求められる場合があります。

macOSの場合

macOSでGitをアップデートするためには、まずHomebrewを使ってGitをインストールしている必要があります。次のコマンドを使って、Homebrew経由でGitをアップデートします。

Terminal window
brew upgrade git

Linuxの場合

LinuxでGitをアップデートする場合、パッケージマネージャーを使用します。

Terminal window
sudo apt-get install git

まとめ

この記事では、Windows、macOS、そしてLinux環境でGitをアップデートする方法を紹介しました。Gitを最新バージョンにアップデートすることで、新機能やバグ修正を利用できるようになります。Gitのアップデートでは、脆弱性の修正なども含まれているため、定期的なアップデートをオススメします。

Twitterのアイコン LINEのアイコン Threadsのアイコン Misskeyのアイコン Misskeyのアイコン
著者のアイコン画像