GitHub Copilot Extensions発表 外部サービスと連携する拡張機能

#AI#GitHub#Microsoft#ニュース
投稿日:

5月21日(現地時間)、GitHubはGitHub Copilot Extensionsを限定的なベータ版として発表しました。これは、同社が開発するGitHub Copilotから効率的にツールやサービスにアクセスできる新しい拡張機能です。

この記事では、GitHub Copilot Extensionsについて詳しく解説します。

GitHub Copilot Extensionsとは?

Limited Beta GitHub Copilot Extensions
画像:GitHub公式ブログより

GitHub Copilot Extensions(拡張機能)は、GitHub Copilotを使って自然言語で開発をする際に、IDEやGitHubを離れることなく、さまざまなツールやサービスにアクセスできるようにするものです。拡張機能は、Web版GitHubのGitHub Copilot Chat、Visual Studio、VS Codeでサポートされています。

GitHubは最近、大規模言語モデル(LLM)を活用してプログラマーを補助するサービス「GitHub Copilot」のチャットバージョンをGitHub Mobileアプリや主要なエディターに向けて提供しています。

GitHubはプレスリリースの中で、次のパートナーとの連携を発表しています。これらのパートナーが提供するサービスが、GitHub Copilot Extensionsを通じて利用できるようになります。

GitHub Copilot Extensionsは、GitHub Copilotとのチャット中に、@を入力することで利用できます。これにより、開発者は自然言語でコードを書きながら、必要な情報を簡単に取得できるようになります。これは、Googleが提供するGemini(旧Bard)の拡張機能の呼び出し方に似ています。

GitHub Copilot Extensionsの利用シーンのイメージ画像
画像:GitHub公式ブログより

データベース関連の問題を解決しようとしている場合、GitHubのissueやDataStaxの監査ログなど、複数のツールから情報を集める必要があります。次に、Sentryなどのエラーモニタリングツールを使用して、詳細な情報を取得し、修正を適用してAzureでデプロイします。

GitHub Copilot Extensionsでは、これらのツールを簡単に呼び出して情報を取得したり、アクションを実行したりできます。GitHubは、GitHub Copilot Extensionsの利用例として、いくつかのデモを公開しています。

Microsoft AzureとGitHub Copilotの連携

GitHub CopilotとMicrosoft Azureの統合も発表されています。これにより、開発者はAzureについて質問したり、Azureサービスを選定したり、Reactアプリケーションを実行したり、Djangoに適したAzureデータベースを選定したりできます。

GitHub Copilot Chatでは、直接Azureに関する質問ができ、最適なデプロイ方法についてのガイダンスも提供されます。現在、GitHub Copilot for AzureのプレビューアクセスはMicrosoftからの直接提供となっており、ここからサインアップできます。

拡張機能を使う方法

GitHub Copilot Extensionsは現在、クローズドベータとして提供されています。ベータプログラムに招待されると、GitHub Marketplaceで次の拡張機能をインストールできるようになります。

さらに、今後数週間以内に次の拡張機能がVisual Studio Marketplaceで、すべてのGitHub Copilotユーザーに提供される予定です。

興味のある開発者は、GitHub Copilot Partner Programに参加することで、独自の拡張機能を開発できます。

まとめ

GitHub Copilot Extensionsは、GitHub Copilotを使って自然言語で開発をする際に、IDEやGitHubを離れることなく、さまざまなツールやサービスにアクセスできるようにする新しい拡張機能です。GitHubは、GitHub Copilot Extensionsに関して複数のパートナーと連携しています。

GitHub Copilot Extensionsは、GitHub Copilotとのチャット中に@を入力することで利用できます。これにより、開発者は自然言語でコードを書きながら、必要な情報を簡単に取得できるようになります。

GitHub Copilot Extensionsは、GitHub MarketplaceやVisual Studio Marketplaceで提供されます。興味のある開発者は、GitHub Copilot Partner Programに参加することで、独自の拡張機能を開発できます。

参考

Twitterのアイコン LINEのアイコン Threadsのアイコン Misskeyのアイコン Misskeyのアイコン
著者のアイコン画像

生まれた時から、母国語よりも先にJavaScriptを使っていました。ネットの海のどこにもいなくてどこにでもいます。

Webフロントエンドプログラマーで、テクノロジーに関する話題を追いかけています。動画編集やプログラミングが趣味で、たまにデザインなどもやっています。